ノアンデの気になる成分

ノアンデの有効成分は?ワキガ臭をシャットアウトできる理由

 

ノアンデの成分の中で何がワキガに作用するのでしょうか。

 

ノアンデの臭いや制汗に作用する有効成分としては、菌の増殖を防ぐ殺菌成分であるシメン‐5‐オールと汗を抑えるフェノールスルホン酸亜鉛の2種類が配合されています。

 

シメン‐5‐オールの成分はアレルギー性が低く、刺激も弱いので、ニキビ対策用の商品などにも採用されています。

 

フェノールスルホン酸亜鉛は汗腺にフタをすることで、汗を防いでくれる作用があるのです。

 

他にもノアンデには様々な成分が配合されています。

 

そのほとんどが天然成分となっているのです。

 

 

ワキガ臭や皮脂臭を抑えてくれる成分

 

柿渋エキス(柿タンニン)

 

ワキガの臭いを強める皮脂臭や他の様々な悪臭を元から断ち切ってくれる高い消臭作用のある成分です。

 

体臭対策の石鹸やボディソープにも多く使われている人気の高い成分となっています。

 

 

ワレモコウ

 

植物の一種であり、臭いの元となっている皮脂分泌を調整する作用のある成分です。

 

 

シャクヤクエキス

 

抗菌と抗酸化作用がある成分で、いろいろな消臭抗菌商品に使われています。

 

 

茶エキス

 

抗菌と消臭作用のある成分となっていて、不快な臭いを防いでくれます

 

 

汗を抑える成分

 

シャクヤクエキス

 

収れん効果のある成分で、汗を止める効果が期待できます。

 

 

ハマメリエキス

 

毛穴を引き締めてくれるので汗や皮脂のテカリを抑えてくれます。

 

シャクヤクセキス

 

保湿して汗を抑えてくれます。

 

 

ワキガ臭の正体

 

アポクリン腺とワキガの関係

 

汗腺には、エクリン腺とアポクリン腺の2つの種類があることが知られています。

 

エクリン腺から出る汗はほぼ無臭となっています。

 

そして、ワキガの原因となっているアポクリン腺から出る汗も最初は臭いがないのです。

 

しかし、アポクリン腺から出る汗に菌が繁殖してしまうことで臭いが発生するのです。

 

それがワキガ独特の臭いになるのです。

 

アポクリン腺は多くの人が持っていますが、アポクリン腺の量や大きさといったものは人によって違っています。

 

また、日本人はアポクリン腺を持っている人が10%となっていて、外国人と比較しても少ない人種なのです。

 

黒人では100%の人がアポクリン腺を持っているそうです。

 

エクリン腺は全身にあり、ここから出る汗は体温調節を目的としたものでさらさらして乾きやすくなっています。

 

一方のアポクリン腺は直径4mmの大きさでエクリン腺より大きく、ワキ、陰部、耳、へそにあるので、ここから出る汗は、少し黄色くて臭いがあるのが特徴なのです。

 

アポクリン腺は体温調節を目的としていないので、寒いときでも緊張していなくても出てくるのです。

 

アポクリン腺から出る汗は、本来フェロモンの働きがあったとされていますが、現在では嫌われる臭いとなってしまいました。

 

 

ノアンデの中で最も有効な成分

 

ノアンデの高い消臭効果となっているはこだわりぬいた配合成分によるものです。

 

ノアンデの消臭効果は配合されている有効成分により、臭いの発生を根本からブロックしてくれているのです。

 

その成分が、ノアンデを臭いが気になる部位に塗り込むことで、瞬時に臭いを抑えてくれます。

 

脇の臭いはもちろんですが、デリケートゾーンのすそわきが、さらには加齢臭対策や足臭対策にも幅広く使用されているのです。

 

ノアンデの効果の高さは配合されている成分によるものですが、一体どのような成分が配合されているのでしょうか。

 

 

臭いをシャットアウトしてくれるダブル成分

 

ノアンデの高い抑臭効果を実現してくれているのは、ダブルで配合されている有効成分のおかげです。

 

イソプロピルメチルフェノール

 

パラフェノールスルホン酸亜鉛

 

この2つの有効成分が、ワキガ臭やすそわきが臭の原因となっている「汗」と「菌」を予防してくれます。

 

そして、臭いが発生するのを未然に防いでくれているのです。

 

さらにノアンデの場合、専用デオドラントクリームの中で唯一「殺菌率100%」を達成しているのです。

 

特典多数のノアンデ公式↓