体臭の原因メタボリックシンドロームとは?

体臭の原因メタボリックシンドロームとは?

メタボリックシンドロームは俗にメタボと言われて肥満の典型のように思われていますが、もっと詳しく説明しましょう。
生活習慣病の一つである糖尿病は、おなかの周りに内臓の脂肪が蓄積した内蔵型脂肪肥満が大きく関わっていることが知られています。
メタボリックシンドロームはこの内蔵型脂肪肥満に加えて、高血糖、高血圧、さらに脂質異常のいずれか2つ以上の疾患を併せ持った状態をいいます。
メタボリックシンドロームの日本語名称は内臓脂肪症候群となっているのです。
内臓脂肪が過剰にたまってくると、様々な疾患が現れてきます。
中年期以上に多いことから生活習慣病を併発しやすくなってくるのです。
会社の健康診断でも中年期以上、具体的には40歳を超えるあたりから、健康診断の検査項目が増えてくるのはこれらのことも関係があるのです。
この頃から、血糖値がちょっと高め、あるいは血圧がちょっと高めといったものが生活習慣病やメタボリックシンドロームの初期段階とも言えますから注意が必要です。

 

また、肥満の傾向が見えてきたら、できるだけ多くの検査を行って血圧や血糖値が増えていないかを入念にチェックするようにしましょう。
メタボリックシンドロームになれば、そこから通常の体に戻すのはかなり大変です。
そのためにも早くから予防をしたらいいのですが、なかなかそのようにはできないのが現状です。
しかし、メタボリックシンドロームの危険性を早くから認知しておくことが、メタボリックシンドロームの予防や改善にもつながっていくのです。

 

病気になるリスクが高くなる

 

メタボリックシンドロームは様々な疾患の登竜門とされています。
糖尿病もそうなのですが、まず日本人の三大死因を見てみましょう。
これは、がん、心臓病、脳卒中ですが、そのうちの心臓病と脳卒中は動脈硬化が原因となって起こる病気です。
メタボリックシンドロームになると、糖尿病と始めとして、高血圧症、高脂血症といった疾患の一歩手前であっても、これらがメタボによる内臓脂肪型肥満をベースにして、複数が重なることで、動脈硬化を進行させて、結果として心臓病や脳卒中という重大な疾患を招いてしまうことになるのです。

 

メタボリックシンドロームの判定は、まず腹囲を測ると男性で85センチ以上、女性で90センチ以上となっています。
このくらいの腹囲は中年以降になるとちょっとした肥満傾向にあるとすぐに突破してしまいます。

 

それでも目安としてこのくらいの数値が肥満対象になるわけですから、目安としてこれを突破しないように気をつけなければいけません。

 

すでに、中高年者の2人に1人がメタボリックシンドロームか、あるいはその予備軍とされています。
男女とも40歳以降になると急激に増えているのが現状ですから、健康診断の数値を目安として食生活の改善や日々の生活に運動を取り入れるようにしたいものです。

 

程度な運動が大切

 

運動は大きく分けると、有酸素運動と無酸素運動にわかれます。
ウォーキングやジョギングなどが有酸素運動の代表格で、腹筋や腕立て伏せなどは無酸素運動の代表格となります。
そして、脂肪を落とすのは有酸素運動が効果的です。
お腹をへこませるために、腹筋をする人は少なくないのですが、それだけでは、お腹はへこまないのです。
脂肪の下にある腹筋を鍛えるだけということになります。

 

ですので、メタボリックシンドロームの解消には有酸素運動が効果的です。
まずは体脂肪を落とすことから始めなくてはいけないからです。
基本となるのはウォーキングや軽いジョギングです。
理想は20分以上継続することで、軽く汗ばむくらいがいいのですが、まずは無理のないところから始めるようにしましょう。

 

まずは、体を動かすことから始めるようにして、慣れてきたら、腕を大きく振るなどできるだけ動作を大きくしていきます。
ウォーキングでも早歩きをするような形がいいでしょう。少しずつ心拍数を上げていくようなイメージです。

 

 

食事にも注意

 

 

まずは食生活を改善することから始めます。
食生活と言うよりも食習慣と言った方がいいかもしれません。
人は空腹になると、次の食事がいつになるのかわからないので、必要以上に脂肪を蓄えようとします。
動物の体自体が食べるときはできるだけ蓄えようと本能が働くのでそうなってしまうのです。

 

そのため、食生活の改善は食事の回数を減らすことと同じと考えている人もいますが、それは間違いで一日の食事は一日3回しっかりと取るようにします。
そして、食事の質を変えていくのです。

 

基本は、カロリー過多にならず、よく噛んで食べることです。
時間をかけて食べるとその分満腹感が増しますので食事量を結果的に減らすことができるのです。
肉を食べないとか野菜ばかり、そして炭水化物を取らないなど、過剰に走らないでバランスの良い食事をゆっくりととることが大切です。

 

基本としては、最初に食物繊維の多い野菜を取ることが大切です。これをすることによって脂肪が付きにくくなるからです。

特典多数のノアンデ公式↓